豊橋市のエリアガイド

豊橋市でまもなく車検を迎える方はどこで車検を行うか検討される時期ですね。車検をどこで実施するかお悩みのだと思いますが少し休憩して豊橋車検専門店がある豊橋市について簡単にご紹介いたしますぜひご覧ください。豊橋市は人口38万人で面積は261.86平方キロメートル東は静岡県と接し南は太平洋、西は三河湾に面しており自然豊かな温かい気候のエリアです。中部・東西南北のエリアをかんたんにご紹介いたします。
豊橋市の地図
中央部
豊橋駅を中心に栄えているエリア。あとでご紹介する路面電車「ビール電車 Beer Hall Train」「おでんしゃ Odensya Train」などが走っています。そのた、市役所、吉田城、美術博物館などの施設がありまあす。
東部
紹介ページを作った総合動植物公園があるほか、葦毛湿原があるエリアです。葦毛湿原は春夏秋と季節ごとに綺麗な花が見られるハイキングコースとして「東海のミニ尾瀬」 と呼ばれる湿原です。希少な植物や、三河地方特有の植物が自生し、食虫植物も多く見られますので車検後のドライブにいかがでしょうか?
西部
自動車の日本メーカーのほか海外メーカーが集積する世界でもトップクラスの国際自動車港湾。1980年に国産自動車の輸出が始まり1990年代には海外メーカー車両の輸入が活発になり自動車の輸出入台数・金額ともに全国第一位を誇る「三河港」があるエリアです。また、そのほかライフポートとよはしやアクアリーナ豊橋、など大きく変化している地域です。
南部
豊橋車検専門店が位置する南部は、太平洋に面しているエリアで表浜海岸では6月~8月アカウミガメが産卵に来ます。4月上旬~11月下旬は豊橋市外海漁業協同組合による地引き網が早朝から楽しめ鰯・鯖・鱚など様々な種類の魚が網にかかってくるので子供連れファミリーにも楽しめるスポットです。
北部
治郎柿 (じろうがき)の栽培が盛んなエリアです。次郎柿は果汁が少なく、大きく歯応えのある果実を着けるのが特徴でそのほかにも苺・桃・葡萄などのフルーツ栽培が盛んです。また、初夏の5月下旬から6月中旬に美しい花しょうぶを咲かせる賀茂しょうぶ園で300種37000株の花しょうぶがきれいに咲き夜にはライトアップされるので是非ご覧ください。
豊橋市の公会堂
豊橋市の名称は江戸時代まで吉田(よしだ)という地名でしたが日本各地に吉田名称の地名が多く存在していることから三州吉田と言われていたようです。明治2年6月の版籍奉還で、吉田から現在の豊橋に改称されました都市です。
この豊橋市、東三河の人口の過半数を占める中核市として発展してきましたが、近年は郊外大型店の競争が激化する中、中心市街地の空洞化が問題となっている一方、豊橋市の工業は明治以来、食品加工業と機械器具工業などを中心に発展。東三河工業整備特別地域・三河港の重要港湾の指定を弾みに造船、金属、機械、自動車、電気、精密機械、化学繊維などの産業やドイツの化学メーカーや欧州の自動車メーカーなどの工業地域として発展しております。
sss
豊橋鉄道
豊橋車検専門店のある愛知県豊橋市には路面電車が走っています。

豊橋手筒花火
豊橋祇園祭
手筒花火などで観客を感動させる祇園祭りはぜひご覧ください。

豊橋名物「ゆたかおこし」
豊橋の食文化
暖かいな気候と綺麗で豊富な水に恵まれた全国有数の農業の盛んな土地。

のんほいパーク豊橋総合動物植物公園
豊橋総合動植物園
豊橋駅からクルマで30分総合動物植物園は様々なプレイスポットが魅力。

ネットからお問合せはこちら お電話からお問合せはこちら